モンテ・クリスト伯

【モンテクリスト伯】真海が飲ませた液体は何?医者とグルなのか?!8話

2018/06/07放送のモンテクリスト伯の感想ネタバレです。
前回は南条幸男(大倉忠義)が首を吊るところで終わっていたので、死んだのか,江田愛梨(桜井ユキ)が助けてしまったのかが気になっていましたが、結局助けてしまっていましたね。

モンテクリスト伯8話 真海が飲ませた液体は何?

モンテクリスト真海が守尾信一朗(高杉真宙)に渡して,入間未蘭(岸井ゆきの)に飲ませた液体はいったいなんだったのでしょうか?

入間未蘭(岸井ゆきの)があの液体を飲んだすぐ後に鼻血が出て、泡を噴いて倒れました。

病院のシーンで入間公平(高橋克典)がICUの前で動揺します。

モンテクリスト真海は守尾信一朗(高杉真宙)に恩を感じており、守尾信一朗(高杉真宙)にとって悪いことはしないはずです。だからあの液体は体から毒を出すための液体だったと思います。

入間未蘭(岸井ゆきの)が液体を飲んだ後に、泡を噴いたのも、体内から、悪い物質が出たのだと思います。

モンテクリスト伯8話 医者と真海はグルなのか?

入間未蘭(岸井ゆきの)がICUに入り、入間公平(高橋克典)が取り乱します。
医者はこれまでの死者と同じ物質が検出されたから警察に言ったほうがよいと忠告します。

その後、守尾信一朗(高杉真宙)が自分が毒を飲ませてしまったと言って入間公平(高橋克典)に殺されかけます。

そのときモンテクリスト真海が病院に訪れますが、医者と目配せをします。

要するにモンテクリスト真海と医者はグルということです。

入間未蘭(岸井ゆきの)の病状はすっかりよくなっているため入間公平(高橋克典)にはあえて合わせていないのです。

そして医者は「危ない状況」「後遺症が残る」とウソを入間公平(高橋克典)に言ったのだと思います。

最終的には入間瑛理奈(山口紗弥加)の犯行が明るみに出るのだとは思うのですが,次回の最終回でどうなるかが見ものです。

入間瑛理奈(山口紗弥加)が本当にやばい!

今回入間未蘭(岸井ゆきの)に毒を飲ませた入間瑛理奈(山口紗弥加)が本当にやばいですよね。現在進行形で犯罪を犯していて一番やばいのは入間瑛理奈(山口紗弥加)だと思います。「入間貞吉(伊武雅刀)は自殺しまーっす!」見たいな事をいって、赤いビンの液体を飲む振りをさせる。

入間貞吉(伊武雅刀)が動けないことをいいことに、むちゃくちゃしてますよね。

神楽清(新井浩文)がいた独房はどこ?

神楽清(新井浩文)が最後にいた独房はどこなのでしょうか?
いつの間にかラデル共和国に行かされたのでしょうか?

モンテクリスト真海の復讐は最終回でも続くでしょうから、こういう暖がやらされた辛い思いをさせる復讐は効果的でありだと思います。

南条幸男(大倉忠義)って本当に最低!

目黒すみれ(山本美月)が最後に注射器で南条幸男(大倉忠義)を殺そうかどうしようかためらっていましたが、南条幸男(大倉忠義)が目を覚まして、逆に目黒すみれ(山本美月)を殺そうとします。

南条幸男(大倉忠義)は本当に最低なやつですよね。

前回死んでてもよかったやつで、ひどく反省しているのかと思っていたら目黒すみれ(山本美月)を殺そうとするなんて。

これで目黒すみれ(山本美月)も完全に南条幸男(大倉忠義)は死んで良し!と思ってくれたことでしょう。

モンテクリスト伯 8話 まとめ

次回の9話の2時間スペシャルで最終回となります。
こんなに面白い話がたったの9話で終わるなんで残念でなりません。
あと20時間くらいは見ていたいです。

今回は指紋から入間公平(高橋克典)に暖であることがばれてしまいました。
次回は復讐の集大成として入間公平(高橋克典)にどんな復讐をするのでしょうか?

神楽清(新井浩文)への復讐は今回のやつで終わりなら、だいぶ簡略化された復讐でしたね。


■こちらから他の回の記事も是非ご覧ください!
→ モンテクリスト伯【まとめ】ページ