シグナル 長期未解決事件捜査班

【シグナル】岩田係長を殺した犯人はあの人?岩田も大山も生き返る?8話

2018/05/29放送のシグナル長期未解決事件捜査班8話のネタバレ感想です。
前回岩田係長(甲本雅裕)が何者かに刺されている感じで終わっていました。今回はその岩田係長(甲本雅裕)が刺されて息絶える間際に三枝警部補(坂口健太郎)に少しだけ話すことができました。岩田係長(甲本雅裕)殺しの容疑者として名前を挙げられた三枝警部補(坂口健太郎)ですが、今後の展開はどうなるのでしょうか?

岩田係長を殺した犯人はあの人?

岩田係長を殺した犯人は誰なのでしょうか?
いろいろと容疑者はいるようですが、車の後部座席にきらきらのティッシュペーパーを置いていたロン毛の人が怪しいですが、結局黒幕は野沢義男(西岡德馬)の息のかかった中本(渡部篤郎)でしょう。

中本(渡部篤郎)はだいぶ悪いことをやっている感じですね。

今回は、野沢義男(西岡德馬)の要望で、まったく罪の無い高校生にすべての罪を着せていました。

岩田も大山も生き返る?

桜井警部補(吉瀬美智子)は前回か前々回にあっさり生き返りました。

あっさり生き返るので、ドラゴンボールを見ているようでしたが、結局このお話は、過去を帰ることで未来が変わるというお話です。

何らかの理由で大山(北村一輝)は岩田係長(甲本雅裕)に殺されました。

しかし、岩田係長(甲本雅裕)はそれを大変悔いていた。

その過去を帰ることができたら大山(北村一輝)は岩田係長(甲本雅裕)に殺されない。

大山(北村一輝)が死ななければ岩田係長(甲本雅裕)も殺されない?

の構図になり大山(北村一輝)と岩田係長(甲本雅裕)は死なない。

と言うことは、過去が変わって、未来(現在)に大山(北村一輝)と岩田係長(甲本雅裕)が復活する可能性は十分あります。

大山(北村一輝)と岩田係長(甲本雅裕)が死なない代わりに中本(渡部篤郎)が死ぬという結末もありうるでしょう。

シグナル8話 まとめ

過去を変えることで未来が変わるこのドラマ。

過去の大山(北村一輝)が三枝警部補(坂口健太郎)の兄の罪を晴らすことができれば、三枝警部補(坂口健太郎)の兄は自殺せず、現在にカムバックする可能性もありますね。

そうすれば以外にも誰も死なない。ということもあるでしょう。

■次はこちらから他の回の記事をご覧ください!
シグナル 長期未解決事件捜査班【まとめ】ページ