ブラックペアン

【ブラックペアン】高階の名前は権田ゴンタ!チームバチスタのあの人!6話

2018/05/27放送のブラックペアン6話の感想ネタバレです。
今回の放送で高階(小泉孝太郎)先生の名前が権田(ごんた)ということが発覚しましたが、実はこの人物、チームバチスタノ栄光の「あの人」の若い頃を描いた作品のようです。それをいまさらながら知ったのでご連絡します。

高階の名前は権田!実はチームバチスタのあの人だった!

ブラックペアン1988はタイトルのとおり1988年の物語で、チームバチスタノ栄光の20年前を描いているようです。

そして、この中で、チームバチスタに登場する人物の数名描かれているようです。

その中でも小泉孝太郎さん演じる高階先生はなんとあのチームバチスタの栄光の舞台となった病院の院長である高階院長の若い頃のようです。

ブラックペアン 6話感想

結局いつもどおりの水戸黄門スタイルでしたね。
無理やり二宮君を主役にした弊害が出ているのでは無いでしょうか?

結局最後は渡海(二宮和也)先生が出てきて、完璧な手術で終わる。

渡海(二宮和也)以外に手術できる人いないの?
といつも不思議な気持ちで終わります。


■こちらから他の回の記事も是非ご覧ください!
【ブラックペアン】まとめページ