テレビ

医者が教える太らない食べ物の見極め方とコレステロールを下げる食事!

2018/05/18放送の金曜日のスマイルたちへに「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」の著者である牧田善二医師が登場し、食事に関して今までの常識を覆すことばかりを解説し、スタジオは騒然としていた。

金スマで牧田善二の解説

カルビとオレンジ 太らないのはどちら?

当然オレンジと思うんですが、「カルビ」らしいです。

卵は何個食べても大丈夫

卵はコレステロールが高いから、1日1個までがいいと思っていたのですが、何個食べてもいいそうです。

そもそもコレステロールは体内で作られるみたいで、食べ物でコレステロールを多く採ると、体内で作るコレステロールは下がり、あまり採らないと、体内で作るコレステロールは増えるので、摂取コレステロール値は関係ないらしい。

ほうとうかなー(笑)

三角食べは間違い

三角食べは日本で誰かが開発して根付いたみたいですが、よくないようです。
まずご飯が進みすぎて、おかずの味付けが濃くなりがち。

三角食べはデブの元らしい。

フルーツジュースは逆効果

フルーツをミキサーなどでジュースにすると、果糖というものを採りすぎてしまいよくないらしい。

フルーツは普通に切ってそのままゆっくり食べるのがいいみたい。

ダイエットのための油抜きはNG

ダイエット中に油を控える必要はないらしい。
油の中にある成分が体内の脂肪を燃やしてくれるらしい。

オリーブオイルが一番お勧めらしいです。

白ご飯とチャーハン 太らないのはどっち?

当然しろご飯と思ったのですが、チャーハンみたいです。
血糖値が上がりにくいとかなんとか言っていました。

美容のためのコラーゲンは意味がない

美容のためにフカヒレを食べるのは意味がないらしい。
での最近の研究結果で、多少は意味があるらしい。

ホカホカご飯と冷たいおにぎり 太らないのはどっち?

冷たいおにぎりのほうがゆっくり消化され太りにくいらしい。

トーストのパンとそのままの食パン 太らないのはどっち?

トーストのほうが太りにくいらしい。

肉の脂身は食べて良し!

肉の脂身も食べていいみたい。
本当かなー(笑)

パンやパスタを食べるときにワインがよい!

パンやパスタを食べるときはワインを飲むのがいいみたい。
でもアルコールそのものの悪さとかありそうだけどなー(笑)

詳細は実際の本で読んだほうがよい

■くわしくは実際の本で読んでみてください!

→医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

金スマで牧田善二の解説 まとめ

半信半疑で観ていた牧田善二さんの解説。
カロリーを気にした食事も不要らしい。
ここまで覆されると、何を信じていいのかわからなくなります。
参考にされるのはいいと思いますが、よく調べた方がいいでしょう。