崖っぷちホテル

【崖っぷちホテル】くっきーはピアノを少しだけ本当に弾いていた!5話

2018/05/13放送の崖っぷちホテル5話のネタバレ感想です。
先週は従業員が辞めてしまうかもしれない危機を乗り越えて、最後に川栄李奈さんが新たに入社するところでお話が終わりました。今回は川栄李奈の存在感が光る回となっていました。

役者としての存在感がすばらしい川栄李奈

このドラマ、経験豊富な役者の方がそろっていますが、私は川栄李奈さんの演技を見るのはこのドラマが初めてで、ものすごく新鮮さを感じています。

キャラ的にもはまり役で3話のベッドメイクの体験で来たときから、いい演技するなーという印象でした。

4話で入社し、5話で本格的にレギュラー入りしましたが、存在感は抜群で、他の実績のある役者を差し置いて、とてもいい感じだったと思います。

今回のお話

今回のお話は宇海(岩田剛典)がブライダルの仕事に進出するとし、素人同然のホテルスタッフが、ブライダルの準備に奮闘するというお話でした。

あまり乗り気では無いスタッフが、最後には一丸となり、みんなでいいもの作ろう見たいな感じになるというお話し。しかし最後は結婚式がキャンセルされ、これもすべて宇海(岩田剛典)の戦略では?という感じで終わります。

大人の夢のかなえ方

宇海(岩田剛典)いわく、子供の夢のかなえ方は、「やりたいことにまっしぐらにやる」みたいな感じで、大人の夢のかなえ方は「他人を信じて頭をさげて笑顔でいる」と言っていました。いやいや夢によるやろ!ってと思ってしまいましたが。

くーちゃんのピアノ

くーちゃんがピアノを弾ける設定でしたが、少しだけ手元が写っていて、最初の部分だけ本当に弾いていましたね。

崖っぷちホテル 5話 まとめ

このドラマ、いつもどおりのフォーマットで展開しますね。宇海(岩田剛典)がみんなを育てるための課題をだして、みんなでそれを乗り越える。宇海(岩田剛典)に裏で糸を引っ張られている感じです。次回は時貞(渡辺いっけい)がお客さんに訴えられる回です。こんな話も王様のレストランにありましたね。西村雅彦さんがお店のお金を使い込み、お店の権利を売ろうとする回。いつも思いますが、偶然でしょうか?


■次はこちらから他の回の記事をご覧ください!
→ 崖っぷちホテル!【まとめ】ページ

トップページに戻る