あなたには帰る家がある

【あなたには帰る家がある】 5 話ネタバレ感想|木村多江が怖い!

2018/05/11放送の「あなたには帰る家がある」5話のネタバレ感想です。
前回は木村 多江が中谷 美紀の会社にメンチカツを配って、中谷 美紀は木村 多江の家に怒鳴り込みに行ったが、木村 多江はなんとも冷静に「あなたに問題がある、料理ひどかったわ」みたいな感じで、バチバチに戦闘態勢で終わりましたが、今回は、さらにバチバチの展開になりましたね。

うすうす気付くも確信が無かったユースケサンタマリア

ユースケサンタマリアは玉木 宏と木村 多江の不倫にうすうすは気付きつつも、確証がないといった感じでした。

男には気付けない木村 多江の恐ろしさ

劇中になんども木村 多江が恐ろしいという描写が描かれていました。
「一番手を出してはいけない女」と玉木 宏の後輩のももちゃんが言っていましたが、男としては、まったく気がつかず、内気でけなげな女性に見えてしまう。
男とはそういうものなのだろうか?

女性にはわかる女性特有のやばさがあるのだろうか?

このお話は各目線からの不倫を見事に表現している

このドラマのすごい所は、それぞれの人の目線から不倫を描けているということ。
玉木 宏と木村 多江の目線だけでなく、妻から見た不倫、子供から見た不倫、家族に及ぼす影響など。

玉木 宏の娘が最近の玉木 宏の家事や、ソファで寝ていることに気付き不振がるシーンがあるが、子供心をよく描けている。

ベッドシーンで挑もうか悩む玉木 宏は傑作

不倫発覚後、毎日ソファで寝ることになった玉木 宏が、娘の不信感をぬぐうため、ベッドで寝ることを許される。

玉木 宏は、あえて今日中谷 美紀に挑もうかどうか、心の葛藤をする。

いろいろあったけど挑んだほうがいいのだろうか?と。

中谷 美紀は「もしかしてこいつ挑んでくるつもりじゃないだろうか?」と絶対にありえないという視点で描かれるが、今回はこの挑む挑まない合戦で一番爆笑してしまった。

夫婦というのはこういうものだ。

ユースケはタクシーでどこに向かったのか?

最後のシーンで、ユースケサンタマリアは、玉木宏に殴りかかるかと思いきや、タクシーに乗って急いでどこかに行ってしまいました。

いったいどこに行ったのでしょうか?

玉木宏、中谷 美紀、その娘も、木村 多江とその息子も、無事?家に着くシーンが最後にありました。ユースケは家に帰っていなかった。とすると、全然関係の無い場所に行ったことになります。

本当はユースケは木村 多江のことを深く愛しており、玉木宏と木村 多江の2ショットを見ていられなくなり、誰もいない場所に急いでいってしまったのでは無いでしょうか?

ものすごく変な人みたいに描かれていましたが、ユースケが実は一番まともな人なのでは無いかと、最近は思えてしまいます。

一番やばいのはもちろん木村 多江ですが(笑)

あなたには帰る家がある 5 話 まとめ

まだ5話にして、主要な4人が全員不倫を認識してしまいました。
普通は最終回の前の回くらいにこういう状態になるものですが、あとおよそ5話くらいは何を描くのでしょうか?

今日も露天風呂で見られたバチバチの中谷 美紀と木村 多江のバトルがメインになるのでしょうか?

今後の展開に期待です。


■次はこちらから他の回の記事をご覧ください!
→ あなたには帰る家がある【まとめ】ページ

トップページに戻る