スポーツ

スポーツダイレクターとは?ヴィッセル神戸の三浦淳寛さんの仕事!

2018年2月よりヴィッセル神戸のスポーツダイレクターに就任された三浦淳寛さん。
現役時代もヴィセル神戸で活躍し、誰よりも早く?ブレだまのフリーキックをけっていた印象のある三浦淳寛さんですが、そもそもスポーツダイレクターとはどのような職業なのか気になったので調べてみました。

スポーツダイレクターとは?

サッカーチーム(クラブ)の中で、チーム強化の総責任者という立場のようです。
監督を含めたチーム部門すべてのに関する人事権があるみたいです。

これってすごいですよね。

監督の人事権もあるって社長みたいですね。

さらに中長期でチームを強くするためにどうするべきかを考える仕事のようです。

イニエスタ獲得の報道は否定

今回はスペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手の獲得報道が出ていますが、三浦淳寛さんは否定されています。

「まったく聞いていません」

との事。

スポーツダイレクターがすべての人事権を持ち、その三浦淳寛さんが聞いてないということなら、まったくのデマと言うことになりますが、簡単に信用しないほうがよさそうですね(笑)。情報操作の可能性もありますし、報道に出ていた写真はなんとなく含ませた笑顔でした。

先日スペインのバルセロナ戦を観戦したことは認めていますが、イニエスタ選手との接触は否定しています。

実際神戸にきたら大フィーバーでしょうがどうなるのでしょうか?

三浦淳寛さんの神戸現役時代

三浦淳寛さんは神戸の現役時代に誰よりも早く?ブレだまでのフリーキックを取り入れていました。壁に入った選手の頭に当たり、気絶するというエピソードもあります。相当な球の速さと強さなんでしょうね。

まとめ

スポーツダイレクターとは、中長期を見据えてチームが強くなる方法を考えるお仕事で、監督やその他いろいろな人の人事権を持つ、ものすごく強い立場のお仕事。

イニエスタ選手との接触は否定し、まったく聞いていないといっている三浦淳寛さんではありますが、情報操作の可能性もあり、真実はわからない。

Jリーグ記事【まとめ】ページ

トップページに戻る