サッカー

ベガルタ仙台サポーターが中指を立てて侮辱 クラブはHPで謝罪!

2018/05/06のベガルタ仙台と湘南ベルマーレ戦で、ベガルタ仙台サポーターが、中継カメラに対して中指を立てて侮辱し、試合後クラブ側はHPにて謝罪する事件が起きた。

ベガルタ仙台のサポーターを特定し反省

クラブは「同試合で当クラブの3得点目を西村選手が挙げた直後、興奮したベガルタ仙台サポーター1名が中継カメラに向かい、中指を立てる侮辱的な行為をしました」と説明。さらに「試合終了後に当クラブスタッフが当該サポーターを特定し、事情聴取を済ませました。同サポーターは繰り返し謝罪し、深く反省しておりました」と記している。

ベガルタ仙台のクラブは、中指を立てて侮辱したサポーターを特定し、事情聴取し、本人は大変反省している模様だったとのこと。

グラブはHPにて迅速に謝罪文を公表した。

感想

サッカーというものは、観ている側にとっても大変エキサイトしてしまうスポーツです。それゆえ、このような事件が起きてしまう。

侮辱した本人も、怒られたらめちゃくちゃ謝って反省するってことは、そんな悪い人間では無いと思う。

エキサイトしてしまっただけ。そして自分の応援しているクラブや選手が好きなだけ。

でも、やっぱりやってはいけないことはありますよね。

でもこの中指を立てるってそんなにだめなことなんでしょうか?
海外でこれをやると「くそ野郎」みたいな意味になって、こんなことをするととてもトラブルになるみたいですが、日本でもそうなんでしょうか?

昔ふざけてやっていたことがありますが、トラブルの元ですね。
でもこんなに怒られるようなことなんですね。
別に誰かを殴ったりしたわけでは無いのに、、、。

Jリーグ記事【まとめ】ページ

トップページに戻る