モンテ・クリスト伯

モンテ・クリスト・真海は目黒すみれ(山本美月)にも復讐するのか?

2018/05/03放送のモンテ・クリスト伯 第3話のネタバレ感想の番外編です。ディーンフジオカは山本美月のことも怒っていて復讐対象にしているのでしょうか?もし怒っているとすれば、原因は4つあり、今回はひとつずつ検証していきたいと思います。

 

モンテ・クリスト・真海(ディーンフジオカ)はすみれ(山本美月)にも怒っている?

モンテ・クリスト・真海(ディーンフジオカ)は
すみれ(山本美月)も復讐対象としているのでしょうか?

とりあえずの復讐対象は以下の3名だと思っています。

高橋克典
大倉忠義
新井浩文

順番は許せない順番に書いています。

真海(ディーンフジオカ)はテロリストに監禁されていて、
すみれ(山本美月)が助けたいといくら思っても助けるすべは無く
復讐対象は、おとし入れた男3人が対象ではないかと思っていますが。

ケーキを食べなかったのは怒っているということ?

しかし、真海(ディーンフジオカ)はすみれ(山本美月)の作ったケーキを食べようとせず、
最初に食べたケーキ1口分は、すみれ(山本美月)の家の外で吐き出します。

これはすみれ(山本美月)に怒っているということだと思うのですが、
それであれば何について怒っているのでしょうか?

怒るとすれば次の3つでしょうか?

大倉忠義と結婚したこと

おとし入れた張本人の大倉忠義と結婚しているというのは
当然許せないことのひとつになると思います。

大倉忠義との間に子供がいること

さらに子供がいます。小学生で7歳から10歳の間くらいでしょうか?

と言うことは、柴門暖のことを少なくとも7年前からはもう待っていなかったと言うことになります。

しかも相手は大倉忠義。
怒りはマックスになるでしょう。

自分のことを柴門暖だと気づいていないこと

すみれ(山本美月)は真海(ディーンフジオカ)が柴門暖であるという事に気がついていません。

それは紅茶のくだりで明らかです。
詳しくはこの記事を参照してください

モンテクリスト ケーキを食べないのはなぜ?復讐とは壊すことの意味!3話

おそらく15年程度に時の経過で、自分のことを気づかないすみれ(山本美月)に怒りを感じている可能性はあります。

ただ、出演者全員が柴門暖には気がついていません。
と言うことは、TVでの見た目以上に柴門暖は変貌しているという設定と言うことなのでしょうか?それであればすみれ(山本美月)が気づいていなくても無理は無いということになります。

ただ第2話で柴門暖(ディーンフジオカ)が働いていた会社の社長の入院している病院に行ったとき、ディーンフジオカは髪をかきあげて、自分を顔を社長に見せます。

それでも社長は「どちら様ですか?」といったことから、
ディーンフジオカはそれほど変わっているつもりは無いが、
他人から見れば、わからないほど変貌しているのかもしれません。

しかし、すみれ(山本美月)への最大の怒りは次の理由だと思います。

第一話の海辺で寝そべりながら「愛は勝つ」と約束していた

第一話で柴門暖(ディーンフジオカ)とすみれ(山本美月)が海辺に寝そべりながら、すみれ(山本美月)が言います。

「どこに行っても見つけ出す」

「いつまでも待っている」

「愛は勝つんだよ」

見たいな事を柴門暖(ディーンフジオカ)に言っています。

この言葉を信じていた柴門暖(ディーンフジオカ)は
ずっとすみれ(山本美月)は自分を探して、そして待っていてくれていると思ったのではないでしょうか?

それが大倉忠義との結婚です。
しかも7年以上前からの裏切り。

これがすみれ(山本美月)への怒りの最大の理由だと思います。

なぜホームパーティーにすみれ(山本美月)を呼ばなかった?

第3話での真海(ディーンフジオカ)は
ホームパーティーにすみれ(山本美月)を呼びませんでした。

表向きは呼んでいましたが、工作してこれないように仕組んでいます。

これはどういった意図があるんでしょうか?

すみれ(山本美月)がいるとあのパーティーは何かまずかったのでしょうか?

わかる方コメント欄に書き込みお願いいたします(笑)

まとめ

真海(ディーンフジオカ)がすみれ(山本美月)に怒っているかは不明だが、怒る理由はいろいろあり、大倉忠義との結婚、出産、愛は勝つといいながら7年以上前から待っていない、自分のことを気づいていない。いろいろありますが、すみれ(山本美月)のことは許してやってほしいというのが私の思いです。


■次はこちらから他の回の記事をご覧ください!
→ モンテクリスト伯【まとめ】ページ

トップページに戻る