シグナル 長期未解決事件捜査班

シグナル 長期未解決事件捜査班 メンタリストのレッドジョン!?3話

シグナル 長期未解決事件捜査班の3話を観ました。
感想メインのネタバレです。

前回は坂口健太郎からのトランシーバーでのやり取りをもとに
北村一輝が本来殺人事件になるはずだった女性を助けたため
未遂事件に変わり,ホワイトボードに書いてあった「殺人」の文字が
「未遂」に変わったり,死亡している写真から女性が引きずり出されるように
消えたりと,このドラマちょっと突然むちゃくちゃつまらなくなるのでは?心配でしたが
結果的には結構面白い感じで終わった3話でした。

北村一輝の誤認逮捕で始まる

前回のトランシーバーの連絡を受けて女性を助けた北村一輝は
背後から犯人に殴られるも,反撃をして犯人は逃亡。
北村一輝は追いかけている間に一瞬見失い,
あろうことか偶然ジョギングしていた男性を誤認逮捕します。

北村一輝さんあり得ないっすよ!という感じで始まりました。
その後,その男は取り調べ中に死亡。犯人はすぐに別の犯行を犯し,
誤認逮捕であったことが判明します。

過去を変えたことで未来が変わる

過去を変えたことで未来が少し変わります。
犯行現場なども微妙に変わったり,犯行時間も変わったりします。

北村一輝のいる1997年くらいと2018年の両方で
事件が起きている感じ?ちょっと時間軸は複雑でわかりずらいですが,
結局坂口健太郎や吉瀬美智子たちが捜査をすることで少しずつ
当時の犯行が分かってきます。それに気づいたと思われる20年前の
犯人がまた2018年に新たな殺人事件を犯します。

現在と過去が同時進行で難しいが面白い

2018年に起こった殺人は女性の手足を縛っている縛り方が同じという事で
当時の犯人であることが判明します。

これってなんだか海外ドラマ「メンタリスト」のレッドジョンみたいで
なんか面白いなーと思いました。これからこの犯人の事をしばらくは
レッドジョンと呼んでいきます。

過去を変えたことで過去のレッドジョンの事情が変わり
しかも2018年に生き延びている。誰がレッドジョンなのでしょうか?

レッドジョンの正体は?

何だか的外れな感じも否めませんが,レッドジョンの正体を予想してみます。
意外と身近な存在で,「えっ!あなただったの!?」って人という事で、、

「渡部篤郎」

いや,「甲本雅裕」でしょう。

ちょっと大胆すぎますかね。
4話で犯人がわかるなら完全に的外れでしょうが
最終回まで引っ張るならあり得ますよね。


■次はこちらから他の回の記事をご覧ください!
→ シグナル 長期未解決事件捜査班【まとめ】ページ

トップページに戻る