ブラックペアン

【ブラックペアン】内臓シーンが多くて食事中はムリ!二宮悪役は微妙!1話

今日からスタートした日曜劇場21時のブラックペアンの第1話のネタバレ感想です。
全体的に手術シーンはリアルな内臓シーンが多く、食事中にはとても見れないドラマです。
あと悪役の二宮君があんまりしっくりきません。フリーター家を買うのイメージが強く、いい人役のほうがお似合いです。

内臓シーンがやたら多い

最初から内臓シーンが多いです。
完全に食事中に観てはいけないドラマです。
ドラマの性質上仕方ないとは思いますが、手術中の4割のシーンはそんな感じのシーンでした。

小泉孝太郎と二宮君の対決はいい感じ

小泉孝太郎と二宮君の対立はなかなかいい感じで面白かったです。
小泉孝太郎は大掛かりな手術をしなくてもアメリカから持ち帰ったピストルのような機械で傷を最小限にして治せる!って感じの立場で二宮君は敏腕だけど地位が低めの医者。

小泉孝太郎さんは結構インテリな感じではまり役でした。

ブラックジャック風の二宮君はいい演技をするも悪役は微妙

二宮君の演技は決して悪くなくよくやっているとは思いましたが,どうも悪役があまりはまっていない印象でした。

フリーター家を買うのイメージが強すぎるのかな?どうも悪い天才キャラはちょっと違う気がする。

35歳くらいで天才キャラで悪役なら松山ケンイチとかがいいのではないでしょうか?
って勝手にキャスティングしてしまってますが。

お話自体は海堂さんらしく面白い

ストーリー的にはバチスタの原作者らしく大変面白かったです。
病院内の政治と近代医療をうまく描いた出世争いのどろどろって感じでした。

出世争いでいれば「白い巨塔」を思い出します。
結構面白かったので来週も見ると思います。


■次はこちらから他の回の記事をご覧ください!
→ 【ブラックペアン】まとめページ

トップページに戻る