フィギュアスケート

宇野昌磨 可愛すぎ ニューヒーロー誕生

平昌オリンピック男子フィギュアフリーの演技が17日に終わり,
結果は
1位羽生結弦
2位宇野 昌磨
3位ハビエル・フェルナンデス と日本人選手が金銀を勝ち取った。

大混戦のフリーでしたが新しい風が吹き荒れていたと思います。

羽生結弦

怪我明けにも関わらず,「さすが」といった演技。
演技後のインタビューでは色々なことを我慢して
このオリンピックを勝ち取ることに焦点をあわせてきたという感じ。
演技前,演技後,表彰台に上るときに音楽に合わせて手を
左右に出すなど,相変わらず自己プロデュース完璧といったところ。
おそらく万全ではない状態での金メダルはさすがでした。

宇野 昌磨

ニューヒーロー誕生。
早くもネット上では「可愛すぎ」との声も。
インタビューでは「最初のジャンプを転倒して笑ってしまった」
「この後表彰式あるんですか?」など
なんとも言えない力の抜けた感じがとても好印象でした。
羽生君とは違い,オリンピックは特別ではなく
「試合の中の一つ」という何とも大物な予感もされてくれた。

ハビエル・フェルナンデス

羽生君と同じコーチのフェルナンデス。
意外にもオリンピックでのメダルは今回が初めてとのこと。
年齢的にも今回が最後的なことをインタビューで言っていました。

以上が金銀銅の3選手でしたが,
私が今回一番驚いたのが,ネイサン・チェンという選手。
ネット上では早くも「ソチの真央ちゃん」といわれているが,
16日のショートプログラムでは80点程度と,
あまり振るわない成績だったにも関わらず,
フリーでは4回転ジャンプを6回行い,うち5回は成功させ
一気にメダル圏内に躍り出ました。

惜しくもメダルは逃したが,
フリーの演技だけで見れば1位だったため
今後の世界選手権では羽生君,宇野君を脅かす存在に
なるのではないかと,今後も目が離せません。

フィギュアスケートと羽生君【まとめ】ページ

トップページに戻る